クリーニングの基礎知識

ニットやセーターをクリーニングに出す際のポイント

投稿日:

冬に大活躍のニットやセーター。暖かく見た目も素敵ですが扱いが難しいのが難点。

素材によっては家庭で洗濯できるものもありますが、手間や時間がかかります。

「お気に入りのニットを洗濯機で洗って縮ませてしまった!」なんて経験がある方もいるのでは?

手入れが難しいニットやセーターは、クリーニングに出すのがおすすめです。

縮みなどのリスクも軽減されますし、ふんわりきれいに仕上がりますよ♪

今回はニットやセーターのクリーニングについて、クリーニングに出す際に抑えておきたいポイント。お得に利用するコツなどを詳しく紹介します!

 

ニットのお洗濯で注意するべき素材とクリーニングに出す頻度

冬物素材の衣類はあまり洗わず、シーズンオフの際にまとめてクリーニングに出すというひとも少なくないようです。

しかし、一日でも着用した衣類は、見た目はキレイでもホコリや皮脂などの汚れがたくさん付着しています。

とくにニット素材は空気中の汚れを吸着しやすいので、繊維に汚れが蓄積され臭いの原因になることも虫食いや変色などの被害を防ぐためにもこまめな洗濯が必要です。

 

デリケート素材は迷わずクリーニングへ

綿や麻・レーヨン・キュプラなどの素材は水洗いが可能ですが、毛や絹などの素材はドライクリーニングが推奨されています。

水洗いができるものもありますが、ニットを洗濯機で洗うと繊維が毛羽だってしまったり、手触りが悪くなったりしてしまうことも。

とくにウールやカシミヤなどの天然繊維は水に弱く、縮みや型崩れなどのリスクが高くなるため細心の注意が必要です。

ニット類のふわふわ感を維持させるためには、やはりプロにお願いするのがおすすめ。

クリーニング店では水を使わず溶剤(油でできた洗剤)で洗うドライクリーニングが用いられ、ニットやセーターもふんわり仕上げてくれます。

デリケート素材や水洗い不可の表示があるものについては、迷わずクリーニングへ。ビジューや刺繍などの装飾がされたものもおまかせすると安心です。

 

ドライクリーニングとは

有機溶剤を使用する洗濯方法で、型崩れが起こりやすいニットやコートに最適。変形しにくく、色落ちが少ないという長所があります。水を使わないので繊維同士が絡まらず、繊維も傷みにくいのがメリット。

 

ニットをクリーニングに出す頻度

ニットやセーターをクリーニングに出す頻度は、素材や着用頻度によって変わってきます。

明確な目安というものは厳密にはないので、普段の扱い方(着用する頻度・環境など)やデリケート素材であるかなどを考慮して見極めるのがポイントです。

頻繁に着用するというひとはシーズン中12回。衣替えの前に1回が目安。

そこまで頻度が高くないのであれば、衣替えなどの長期収納の前に1回で大丈夫でしょう。

それ以外だと、袖口や襟元などの汚れや型崩れが気になったときが洗いにだすタイミングです。

 

 

ニットやセーターをクリーニングに出す際のポイント

ここからは、クリーニングの際のトラブルを防ぐポイントや、お得に利用するコツなどを紹介します!

 

クリーニングに出す前は衣類を総点検!

クリーニングに出す際は次の3つのポイントをチェックしておきましょう。

クリーニング店でももちろん確認はしますが、相互に確認することでトラブル防止につながります。

・染みがないか

・破れやほつれがないか

・ボタンが取れかけていないか

とくに、脱ぎ着する時に引っ張る部分はよく破れやすいので要注意です。

脇の部分など見えない部分でよく擦れるところは破れやすいので、念入りにチェック!クリーニング返却後の衣類の点検も必須です。

 

繁忙期の納期遅れに注意!日数には余裕をみておこう

ニットやセーターにかかるクリーニング日数は57日程度。ワイシャツなどに比べると少し長い時間がかかります。

とくに衣替えのシーズンはまとめ出しをする方が多いので、クリーニング店も混みあいます。納期も数日伸びる可能性があるため余裕をもって出しましょう。

また、撥水・防水や上質仕上げ加工などのオプションコースを選んだ場合も、仕上がりまでの日数が伸びます。納期には1週間ほどはかかると考えておいた方がいいでしょう。

急ぎの場合はお近くのクリーニング店に出すか、宅配クリーニングの場合は最短2日仕上げが可能な「リネット」の利用がおすすめです。

 

料金相場もチェック!

ニットやセーターのクリーニングにかかる料金は1着あたり400600円ほど。

ただ、クリーニング料金は店によっても前後しますので、公式サイトなどであらかじめ確認しておくと安心です。

だいたいの料金を把握しておけば、次にクリーニングに出すときにも予算立てしやすいですよ♪

 

 

クリーニングをお得に利用するコツ

ニットやセーターは、シャツ類に比べ利用料金が高いのが悩み。まとめて出すと結構な値段になりますよね。

クリーニング費用を抑えるのにおすすめなのが「宅配クリーニング」です。

宅配クリーニングは洗いの依頼や集荷がすべて自宅で完結してしまうネットサービス。申し込んだら自宅で待つだけなので、持ち運びの手間がいらないのがメリットです。

宅配クリーニングではパック制を採用しているお店が多く、5点で〇円、10点で〇円という風に点数によって一律料金になっていることがほとんど。

クリーニング費用が高い冬物衣類も、複数まとめて出すことで価格を安く抑えることができますよ!

 

 

ニット・セーターのクリーニングは「リナビス」がおすすめ!

リナビスのクリーニングはすべての工程をベテランの職人さんたちが担当!

クリーニングの方法にもかなりこだわっています。下記のような無料で利用できるサービスも充実しているのでおすすめです♪

・シミ抜き
・毛玉とり
・ボタン修理
・保管サービス
・再仕上げ

ニットやセーター類って毛玉ができやすいのが悩みですよね。毛玉を無理やり引っ張ったりすると状態を悪化させてしまうので要注意です。

ハサミや専用の機器を使えば生地を傷めず取り除くこともできますが、ちょっぴり面倒。

リナビスなら、そんな手間のかかる毛玉取りも無料でやってくれます♪!

 

リナビスの保管サービスが便利!

ニットやセーターなどの冬物衣類は、虫に狙われやすく保管が大変。

次のシーズンまで衣類を安全に保管するには、宅配クリーニングの「保管サービス」が便利です。

衣類を保管する倉庫は防湿・防虫のための適切な温度・湿度に保たれ、衣類をベストな状態で管理してくれます。

宅配クリーニングではほとんどの場合、洗濯料金とは別に保管料がかかりますがリナビスは一切無料!クリーニング料金だけで8か月間衣類を預かってもらえちゃうんです♪

オフシーズンの衣類をごっそり保管してもらえるので、家庭での衣類の保管場所に困った際にも重宝します。

 

公式サイトでセール情報をチェック!

衣替えシーズンなどはクリーニング店にとってまさにかきいれ時。お得なセールをしていることもあるので要チェックです!

また、店によっては新規の利用客に向け割引セールを実施している場合も。セール時にまとめて衣類を出せばクリーニング費用をぐっと抑えることができますよ♪

セール情報を逃さないためにも、公式サイトはこまめに確認しましょう!

 

まとめ

ニットやセーターは取り扱いが難しいのがネック。縮みや型崩れなどのリスクを避けるためにも、クリーニングに出すことをおすすめします。

とくに動物性の繊維素材が%以50上のもの、刺繍やビジューなどの装飾があるものはプロにおまかせしたほうが安心です。高級ニットも職人の手でふんわり風合い良く仕上げてもらえますよ。

クリーニングに出す際は染みやほつれなどがないか衣類の状態の確認を忘れずに!

事前の確認で、クリーニング店とのトラブル防止に役立ちます。

お店選びの際は、料金形態や保管サービスの有無、セール情報などもチェックしてお得に利用しちゃいましょう♪

私が実際に使ってみて一番よかった、宅配クリーニング【リナビス】の、詳細については下記の記事で詳しくご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

>>リナビスを実際に利用したレビュー!サービスの使い方も徹底解説!

人気記事TOP3

1

宅配クリーニングの老舗、リナビス。 品質のよさやサービスなどが評判ですが…本当なのでしょうか? 今回は検証のためリビナスを実際に試してみました! 料金やサービスの使い方などもくまなくお伝えしますので、 ...

2

いつ入用になるかわからない喪服・礼服は即座に出せる準備をしておきたいもの。 着用後はすぐにクリーニングに出すのが理想です。 でも、料金いくらかかるかわからないと不安ですよね。予算をたてやすいよう、喪服 ...

3

最近、利用者が増えつつある“宅配クリーニング” インターネットで24時間申し込みできるので、営業時間を気にする必要もなし。自宅で集荷、持ち運びの手間もいらず忙しい女性におすすめです。 でも、料金・仕上 ...

-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのABC , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.