クリーニングの基礎知識

ウールのコートを洗濯する際のポイント、クリーニングの頻度

更新日:

長く着続けているウールコート。洗濯に失敗してゴワゴワになったり、縮んでしまったりしたら悲しいですよね。

ウール素材の衣類は縮み・型崩れがおこりやすく、扱いが難しいのがデメリット。しかし、正しい方法で洗濯を行えば自宅でキレイにすることも可能です。

今回は、ウールコートを洗濯する手順やコツを詳しく解説!

クリーニングに出す際の頻度も紹介しますので参考にしてみてください。

 

ウールの特徴

ウールは羊毛などの動物性繊維でつくられています。

保温・保湿に優れておりシワになりにくいのが特徴です。

ただ、繊維同士が絡まりやすいため、洗濯により縮みやすく毛玉ができやすいのがデメリット。虫の被害にも合いやすいため防虫対策は必須です。

熱やアルカリ洗剤にも弱いため、洗濯表示ではほとんどがドライ(ドライクリーニング)と記載されています。

 

 

ウールコートをクリーニングに出す頻度

ワイシャツやブラウスのように直接肌に触れる衣類は、皮脂などで汚れやすいため頻繁に洗濯を行う必要があります。

一方、コートは外側に着用されるため、そこまでこまめに洗う必要はないでしょう。

とくにウール製品は洗濯によって縮み・型崩れなどの被害を受けやすいので、頻繁なクリーニングはあまりおすすめしません。

クリーニングの頻度としては1シーズンに1回程度が目安です。

 

 

ウールコートの洗濯方法

ウールはシワになりやすく縮み型崩れが起きやすい素材なので、基本的に水洗い不可・洗濯機も使えません。

しかし、素材によっては手洗い可能なものもありますので、洗濯方法を覚えておいて損はないでしょう♪

ここでは、ウールコートの洗濯の手順・コツを紹介します!

 

まずは洗濯表示をチェック!

洗濯開始!の前に、まずは衣類のタグについている洗濯表示を確認!

タグにはそれぞれの衣類に合ったお手入れ方法がマークで記載されています。

ウールの場合ほとんどがドライクリーニングのマークがついていますが、同時に「手洗い」マークが表示されていれば自宅での手洗いが可能です。

「水洗い不可」のマークがついている場合は、自分では洗濯できないのでクリーニングにだしましょう。

その他にも、素材の欄に「カシミヤなどの動物繊維・絹・レーヨン・キュプラ・アセテート・本革・合皮」の表示がある場合は水洗いできません。

このような表示がある場合も、クリーニングに出しましょう。

 

ウールコートは中性洗剤で洗う!

弱アルカリ性洗剤は洗浄力が高い分、生地への負荷が強いためウールや絹などの素材には向いていません。色落ちや生地の傷みにつながるため使用は避けましょう。

ウール素材の洗濯には中性洗剤を使用するのがポイント。

弱アルカリ性洗剤に比べ洗浄力は劣りますが、色あせしにくく衣類を傷めずに洗うことができます。

 

漂白剤は酸素系のものを使用する!

ウールの洗濯には酵素系の漂白剤を使用しましょう。

塩素系の漂白剤比べ漂白する力は弱いですが、生地への負担も減らすことができます。

(※洗濯前は、念のため目立たないところで試してから使用してください)

 

ウールコートを自宅で洗濯する手順

用意するもの

・大きめのタオル
・洗濯桶(シンクでもOK

ウールコートはシワ、型崩れがおきやすいので洗濯後の脱水はNG

タオルで水気を吸い取るので大きめのタオルを2枚用意しましょう。

 

お洗濯の手順

1.洗濯桶(もしくはシンク)に30℃程度のぬるま湯を溜め、洗濯洗剤を適量入れて溶かす

2.コートを広げたまま入れた状態で、ふり洗い(水中で軽く揺する)する。
ウールは固くなりやすいので、押したり揉んだりしないように注意!

3.すすぐ
水を入れ替え泡が出なくなるまで23回すすぐ

4.浴槽のフチにコートをかける
30分ほど浴槽のフチにかけ水気をとる

5.タオルで水気をとる
タオルではさみこみ、軽く押さえて水気をとる

6.ハンガーにかけて干す
シワを伸ばした後コートハンガーにかけ、日陰で十分に乾燥させる

 

普通の衣類と比べてお洗濯の手間はかかりますが、綺麗に長く着るためにぜひ実践してみてください!

 

 

ウールコートを長持ちさせる、毎日のお手入れ

ウールはデリケートな素材なので頻繁に洗濯を行うわけにはいきません。

日ごろからブラッシング・毛玉取りなどのちょっとした手入れを行い、キレイを長持ちさせましょう!

 

ブラッシング

衣類に付着したほこりや汚れは、害虫被害や細菌の繁殖につながります。

生地を傷ませる原因にもなるため、日ごろからこまめにブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングすることで繊維の絡まりを防ぎ、毛玉防止にもつながります。

 

ブラッシングの手順

1.生地の目と逆方向にブラシをかけ、ほこりを落とす

2.生地の目に剃ってブラシをかけ目を整える

衣類につく害虫や細菌は、暗いところや汚れた場所が大好き!ポケットや襟元などのほこりが溜まる部分はとくに丁寧に落としてあげましょう。

ただし、ブラシを強くかけすぎると生地を傷めるので気をつけましょう。

 

毛玉取り

ウールは摩擦に弱く毛玉ができやすいのが特徴。

摩擦を予防するために柔軟剤を使う、ブラッシンするなどして毛玉を予防しましょう。

それでも毛玉ができてしまった場合は、手で無理やりとるのは厳禁!強く引っ張ると生地を傷めてしまいます。

毛玉は小さなはさみでひとつずつ切り取るのがおすすめ。

広範囲にできたものは毛玉取り用の機器で除去するのもいいでしょう。

 

ウール素材は防虫対策をしっかりと!

害虫は湿気を含んだほこりや暗い場所を好みます。

気温2530℃、湿度5070度で生存し、610月が最盛期といわれていますが、

冷暖房完備の住宅では1年充生存していると考えていいでしょう。

虫による被害を防ぐためには、なるべく湿気を少なくし収納場所はこまめに掃除することが大切!また、防虫剤を活用するのもおすすめの方法です。

防虫剤のガスは空気より重く上から下に降りるので、衣類の上に置きましょう。

異なる種類の防虫剤を同じ場所に使用すると衣類にシミをつける恐れがあるので、同時に置かないようにするのもポイントです。

 

 

自宅で洗濯できないものはクリーニングへ

洗濯表示に「水洗い不可」「ドライマーク」の記載がある場合はクリーニングへ出しましょう。縮みや型崩れなどのトラブルを防ぐことにつながります。

汚れや染みはすぐに落とすのが鉄則ですが、自分では落としにくい染みができてしまうこともありますよね。そんな場合もプロにおまかせするのがおすすめです。

放置しておくと時間経過とともに繊維と化学的に結合して除去しにくくなるため、手遅れになる前に洗いに出しましょう。

 

クリーニングの料金相場

コートのクリーニングの料金相場は500円~2000円。

ハーフ・ロングなど丈で料金が違ってきます。

また、ラメ・スパンコール・ビーズなどの装飾品がある場合も、追加料金がかかります。

 

クリーニング店を賢く活用する方法

ウールコートなど重量がある衣類は宅配クリーニングに出すのがおすすめです。

宅配クリーニングとはネットで申し込み、自宅で衣類の受け渡しができる便利なサービス。衣類を店舗まで持ち運ぶ必要がないので衣替えにも便利です♪

宅配クリーニングの老舗「リナビス」は衣類5点からのパック制。

高級衣類も点数でカウントし一律料金でクリーニングしてもらえるので、クリーニング料金が高めのコートをまとめ出しすることで総額を安くおさえることができます。

また、リナビスは機械ではなく自然乾燥がメインなのもポイント♪

洋服へのダメージを最小限におさえてくれるのでデリケートなウールコートでも安心です。

ほつれ・毛玉取り・シミ抜きも無料なのもうれしい!

私が実際に使ってみて一番よかった、宅配クリーニング【リナビス】の、詳細については下記の記事で詳しくご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

>>リナビスを実際に利用したレビュー!サービスの使い方も徹底解説!

 

 

まとめ

ウールなどの動物性繊維は水洗い不可なものが多く、洗濯機で洗ってしまうとゴワゴワになってしまうことも。大切な衣類を守るためにはウールの特性を理解し、正しいお手入れを行うことが大切です。

ドライクリーニングや水洗い不可なものは、クリーニングに出すのが無難。

クリーニングに出す暇がない、コート類を安く洗濯したい!という方はぜひ宅配クリーニングの利用を検討してみてください。

 皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス

-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのABC , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.