クリーニングの基礎知識

大切なカシミヤマフラーはクリーニングの利用がおすすめ!

投稿日:

肌触りのよいマフラーは、冬のワードローブに欠かせないアイテムです。

なかでもカシミヤは「繊維の宝石」とよばれるほどの、繊細で美しい風合いが魅力。

購入価格も決して安くはないため、できるだけ長く愛用したいですよね。

自宅で洗えるものもありますが1枚1枚手洗いが必須ですし、間違った洗濯をすると縮みなどのリスクも。

カシミヤ特有の光沢感も洗濯によって失われてしまうことがあるため、クリーニングに出すことをおすすめします。

今回はカシミヤマフラーのクリーニング料金や、クリーニングの頻度などを詳しくみていきましょう!

 

カシミヤってどんな素材?

カシミヤの一番の特徴は、そのふんわりとした触り心地にあります。

カシミヤは普通の羊毛などに比べ繊維が細くしなやかなのが特徴。

油脂性が繊維をコーティングしているので、首回りがチクチクせず敏感肌の方にも人気です。

さらに、カシミヤは軽く保湿性に優れているというメリットも。

カシミヤなどの動物繊維の表面にはスケールと呼ばれる突起物があり、空気中の水分を取りこむことで湿度が高い状態を保ってくれるのです。

ただし、カシミヤは繊維がやわらかいため、摩擦に弱く毛玉ができやすいというデメリットもあります。そのため、他の衣類に比べより丁寧な扱いを必要とするのが難点…。

ストールやマフラーには、ファンデーションやニオイの元となる皮脂がついていることも。汗やメイクなどで、知らず知らずのうちに汚れているのでクリーニングでの定期的なケアが必須です。

 

 

カシミヤ衣料のクリーニング店での取り扱い

カシミヤストールは自宅で洗えるものもあれば、洗えないものも存在します。

洗濯できるかどうかは、マフラーのタグについている洗濯表示を見て判断しましょう。

 

カシミヤマフラーは「ドライクリーニング」が基本!

クリーニングには「ドライクリーニング」「ランドリー」「ウェットクリーニング」があり服の性質によって使い分けられています。

カシミヤマフラーに用いられているのは、ドライクリーニング。

ドライクリーニングは、有機溶剤を使うことで衣類への影響を最小限に抑えたやさしい洗濯方法のひとつです。

水の影響を受けやすいカシミヤなどの動物性繊維も縮みや型崩れなく洗い上げることができます。

メイクやチョコレートなどの油汚れや染みにも強いので、そういった汚れがつきやすいマフラーの洗濯にも適しています。

 

 

カシミヤマフラーのクリーニングの料金

マフラーのクリーニン費用の相場は、700円~1300円です。

カシミヤなど傷みや伸縮を起こしやすくデリケートな生地は、素材に適した洗浄や乾燥方法を行う必要があるため手間がかかり200円程度の追加料金がかかる場合があります。

また、料金はクリーニング店によっても変わりますが、カシミヤの比率が30%以上だとストール料金が適応される可能性が多いです。

その他、「ビジュー・レース・ラメ・スパンコール」などの付属品で価格が上がることも。クリーニングに出す前に店舗に確認しておくといいでしょう。

カシミヤマフラーは他の衣類に比べると、比較的クリーニング料金が高い印象です。

しかし、カシミヤは丁寧にお手入れしていれば長く使えますし、新しいものを購入しなおすことを考えれば断然お得。

クリーニング店の割引やポイント制度などをうまく活用し、よりキレイな状態をキープしましょう!

 

 

カシミヤマフラーの洗濯頻度

ドライクリーニングは縮みが少ない洗濯方法ですが、あまり頻繁に洗いすぎると

生地の傷みにつながる可能性があります。カシミヤマフラーのクリーニングは1シーズン(3か月程度)に1~2回でよいでしょう。

自宅で洗濯しているという場合も、繊維の奥に手洗いでは取り切れない汚れが付着している場合もあります。

シーズンが終わったら、長期保管の前に一度クリーニング店に出しておくと安心です。

 

クリーニング店のオプションサービスを活用

クリーニング店では通常のクリーニング意外にさまざまな加工サービスを有料で行っています。

「防虫加工・撥水(はっすい)加工・汗ぬき加工・折り目加工・抗菌加工・花粉ガード加工」などなど…。衣類に適した加工をすることで、品質や美しさを保ちやすくなります。

カシミヤマフラーには生地の風合いや光沢を復活させる「リファイン加工」がおすすめです。カシミヤの美しさを保ちやすくするだけでなく静電気を防ぐ効果もあるので、乾燥する冬場にはもってこいですよ♪

こうしたサービスを目的に応じて使いこなしせるのも、クリーニング店に出すメリットのひとつだといえます。

 

 

「カシミヤマフラー」のクリーニングにおすすめのお店

「リネット」

カシミヤのようなデリケート素材をお手入れするには、高品質のクリーニングが売りの「リネット」がおすすめです。

ドライクリーニングの際に使う洗浄液は常にキレイなものを使用しており、汚れ落ちも抜群!

石油臭もなく仕上がるのでクリーニング後に臭いが気になる…ということもありません。デリケートな高級衣類も安心しておまかせできます♪

マフラーのクリーニング料金は700円です(カシミヤは+200円かかります)

リネットのおすすめポイントや実際に使って見たレビューは下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にして見てください。

>>【普段使い最強!】リネットのおすすめポイントと実際に使ってみたレビュー

 

「リナビス」

コート類を一緒にクリーニングしたい場合は、パックプランが特徴の「リナビス」もおすすめです。

衣類ごとに料金が決まるのではなく、5点や10点といったパック単位で値段が決まるため、料金の高い衣類を一緒にだして値段が跳ね上がる心配がありません。

カシミヤなどの上質素材をお願いしても追加料金がかからないので、衣類のまとめ出しに大変お得です♪

リナビスのおすすめポイントや実際に使って見たレビューは下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にして見てください。

>>【衣替え・高級衣類に!】リナビスのおすすめポイントと実際に使って見たレビュー

 

 

カシミヤマフラーの保管方法

ここからは、カシミヤマフラーの風合いを保つ普段お手入れ方法・保管のポイントを紹介します!

 

着用後は風通しのいい場所で陰干しする

カシミヤマフラーを使用した後は、すぐに収納するのではなく一旦風通しのいい場所で陰干ししましょう。湿気を飛ばすことでシワやカビなどの予防になります。

着用後のマフラーには目に見えない汚れやホコリがついており、そのまま収納すると虫食いなどの原因になる恐れも。しまう前に手でやさしく払い落としてあげましょう。

 

定期的にブラッシングする

定期的に衣類用のブラシでブラッシングするのもおすすめです。

カシミヤの繊維を整えることで毛羽立ちや毛玉の予防につながります。

ただ、あまり頻繁にブラッシングをすると毛が痛んでしまうので、適度に行うことが大切です。

 

クリーニング後の保管方法

クリーニング後にかけられているビニールは運搬用で長期保管に不向き。

袋がついた状態で収納してしまうと、湿気がこもりカビが生えたり臭いがついたりする可能性があります。

クリーニングに出した衣類はすぐにビニール袋からだして、風通しを良くしてあげましょう。カバーをかけたい場合は、市販の不織布袋に入れればOKです!

 

 

まとめ

マフラーは冬場に欠かせないおしゃれアイテム♪

カシミヤは摩擦に弱く毛玉ができやすいため丁寧な扱いが必要です。

美しい風合いを保ちたいのなら、縮みや色落ちなどのリスクが少なく仕上がり抜群なクリーニングに出すことをおすすめします。

カシミヤマフラーのクリーニング料金は決して安くありませんが、買い直すことを考えればお得。ワンシーズンに1回で十分なのでクリーニングに出しましょう。

店舗までもっていく暇がない!という方は宅配クリーニングもおすすめですよ♪

適切なお手入れをすることで、カシミヤ独自の美しい風合いを長く保つことができます。

 皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス

人気記事TOP3

1

宅配クリーニングの老舗、リナビス。 品質のよさやサービスなどが評判ですが…本当なのでしょうか? 今回は検証のためリビナスを実際に試してみました! 料金やサービスの使い方などもくまなくお伝えしますので、 ...

2

いつ入用になるかわからない喪服・礼服は即座に出せる準備をしておきたいもの。 着用後はすぐにクリーニングに出すのが理想です。 でも、料金いくらかかるかわからないと不安ですよね。予算をたてやすいよう、喪服 ...

3

最近、利用者が増えつつある“宅配クリーニング” インターネットで24時間申し込みできるので、営業時間を気にする必要もなし。自宅で集荷、持ち運びの手間もいらず忙しい女性におすすめです。 でも、料金・仕上 ...

-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのABC , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.