クリーニングの基礎知識

スーツのクリーニングの頻度や保管方法を徹底解説!

投稿日:

毎日のビジネスシーンや行事に欠かせないスーツ。

ヨレヨレだと不潔に見えてしまうなど、見た目の印象もよくありません。

自分や家族のスーツは、いつもビシッと清潔に管理しておきたいもの。そのためには、定期的なクリーニングが必要です。

でも、スーツってどのくらいの頻度でクリーニングにだせばいいのか、よくわかりませんよね。頻繁に使用するものなので、仕上がりの日数なども気になります。

そこで今回は、スーツをクリーニングに出す頻度やきれいに保つ保管方法。
クリーニングへの出し方や料金相場などを徹底解説!

スーツをキレイに、心地良く着られる“クリーニングのコツ”をお届けします。

 

スーツをクリーニングに出す頻度

スーツをクリーニングに出す頻度は、素材や仕立てによって変わるのが特徴です。
それぞれの違いを見ていきましょう!

 

夏素材のスーツ

夏のスーツは「ウール・綿・コットン・モヘア・麻」などの素材が使われています。

仕立ては「背抜き型」とよばれる、裏地部分が大きくカットされているのが特徴。
風通しや軽さを出す工夫がされています。

こういった夏素材のスーツは、2週間に1回程度クリーニングに出すのが理想です。汗をかきやすい人は、もう少し短いスパンで出してもいかもしれません。

夏素材のスーツは素材や仕立て的に型崩れしやすいため、スーツ数着をローテーションし、クリーニングの頻度を抑えるのがおすすめです!

“一日着たら、一日休ませる”を徹底することでスーツの持ちが変わってきますよ☆

 

冬素材のスーツ

冬のスーツは「ウール・綿・カシミア・ポリエステル混・厚手のフェルト」などが使われています。 こちらもクリーニングに出す頻度が多すぎると生地が傷んでしまうため、1シーズンに 1回程度を目安としましょう。

絶対に避けたいのは、スーツに使われている羊毛の油分が失われること!

頻繁なクリーニングを繰り返していると、油分が落ちてスーツのハリが無くなってしまいます。

そうすると、汚れが付着しやすくなったりくたびれて見えたりするので、やはり何着かをローテーションしてクリーニングに出す頻度を抑えてあげるのがおすすめです。

 

 

クリーニングにかかる日数

クリーニングの日数もスーツの素材や仕立てによって変わります。

裏地が無いタイプのスーツや、化繊、綿などの素材は仕上がりも比較的早く、即日も可能です。

裏地がついた厚手タイプのスーツはプレスや乾燥に時間を要するため、一週間程度をみておくといいでしょう。

その他、「撥水加工」や「防虫加工」などのオプション追加した際も、日数が伸びる場合があります。

 

 

スーツをクリーニングに出す際の注意点

クリーニングに出す際は以下の点に気を確認すると、トラブルなどのリスクがぐっと減ります。ちょっとしたことですが、必ずチェックするようにしましょう!

 

ポケットの確認

意外と多いのがポケットにものが入っているケース。紛失の原因になるのでクリーニングに出す際は、まずポケットの中身を確認しましょう。

 

シミが無いかを確認

小さな汚れや染みは意外に見落としがち。クリーニング前にすみずみまでチェックしておきましょう。

ボタンがとれかかっていないか、ほつれがないかなども忘れずに確認を!

 

スーツは上下セットで出す

スーツは上下セットでクリーニングに出すのが基本です。

パンツやジャケットのみで出していると、洗浄や乾燥を行う工程の中で、上下の風合いが変わってくる恐れがあります。長く愛用するためにも必ずセットで出しましょう。

 

 

スーツのお手入れ・保管方法

頻繁に洗濯しないスーツは、日ごろの扱いが肝心!ちょっとしたケアが見た目や着心地を左右します。

 

着用後はすぐにハンガーにかける

スーツの着用後はすぐにハンガーにかけ、汗などの湿気を飛ばすのが鉄則!

衣類の保管方法は「つるし」と「たたみ」がありますがスーツは「つるし」が基本です。

シワや型崩れを防ぐためにも、ハンガーは厚めで丸美のあるものを選びましょう。

厚さの目安は3.0~5㎝。

これ以上厚すぎると型崩れの原因になります。素材は木製が理想です。
パンツはズボン専用のハンガーで吊るします。

 

ブラッシングでホコリを落とす!

着用後の衣類には汚れやホコリがついています。そのままにしておくと、繊維の間に入り 虫食いの原因になってしまうので気をつけましょう。

スーツ着用後はまず全体を軽くたたいてホコリを浮かし、洋服ブラシで繊維の間に入ったホコリを払うのがポイント!

ブラシは上から順にかけること、襟足の裏側も忘れずに。ブラッシングをすることで繊維の流れが整い、テカリや毛玉の防止にもつながります。

 

クローゼットの中もきれいにしよう

スーツの管理は湿度と温度が重要です。

カビの発生は湿度・栄養(食べかす)・温度の3つが揃うことが条件。

閉め切ったクローゼットは温度変化が少なく、まさにカビの住処にうってつけ!

ぎゅうぎゅうと衣類を詰め込んでいると、ホコリや湿気が溜まりやすく、カビも発生しやすくなります。

スーツの痛みを防ぐためにも衣類は感覚を開けて収納する、定期的な喚起などを心がけましょう。

 

クリーニング後はビニールをとる!

クリーニング後に衣類にかけてある透明のビニール。

そのままにしているというひとも多いと思いますが、じつはNGなんです!

ビニールは衣類を落ちかえる用のものなので、長期保管には向いていません。

袋の中に湿気が溜まっていたり、ドライ溶剤が乾ききっていなかったりする場合もあるので、家についたらすぐに袋から出しハンガーで吊るして風を通しましょう。

その後は、市販の不織布カバーをかければOKです!

 

スーツの強いニオイをとる裏ワザ☆

軽い湿気やニオイであれば、ハンガーにかけ風通しのよい場所に吊るしておけばある程度とれます。 でも、焼肉やタバコなど強いニオイがついてしまうと、そうはいきません。

消臭スプレーをかけるという方法もありますが…おすすめは浴室に一晩置く方法!

入浴後の湿気のこもった浴室に吊るすことで、湿気が匂いを吸い取ってくれます。

スーツのシワも取れるので一石二鳥です!翌日は風通しのよい場所でしっかり乾燥させましょう。

 

 

スーツのクリーニング料金の相場

スーツは洗いの種類で値段が変わってきます。

一般的なドライクリーニングの場合、目安はだいたいスーツ一着1,000円~2,000円。

ウェットクリーニング(水洗い)の場合は、その2倍以上かかるところが多いです。
また、オプションで撥水加工などを付けた場合、別途料金かかります。

 

宅配クリーニングもおすすめ!

コストや手間を抑えたいのなら、宅配クリーニングもおすすめです。

宅配クリーニングなら衣類の預け、受け取りが自宅でできるので、わざわざ店まで出向く必要がありません。スーツって結構重いから、自宅まで取りに来てもらえるのは本当にありがたい!

 

大切なスーツならリナビス

わたしがよく利用している「リナビス」は衣類5点からのパック制なので冬物のスーツをまとめてクリーニングするのに最適です。染み抜きやボタン修理も無料です。

衣類を長期間預かってくれる「保管サービス」も6か月間無料で利用できるので衣替えの際にも便利!

湿度や温度、照明などを調整した衣類専用の保管庫なら、スーツに焼けや虫食いなどのトラブルが起きる心配もありません。冬物のスーツがない分、クローゼットもスッキリ。余裕をもって収納できるなどいいことずくめです☆

リナビスのおすすめポイントや実際に使って見たレビューは下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にして見てください。

>>【衣替え・高級衣類に!】リナビスのおすすめポイントと実際に使って見たレビュー

 

普段使いのスーツはリネット

汗をかきやすい方など、スーツを比較的短いスパンでクリーニングに出す方は、「リネット」がおすすめ。こちらのお店もわたしがよく利用するお気に入りの宅配クリーニングです。

リネットは衣類1点からクリーニングが可能。

料金はパンツが660円~、ジャケットが950円からになります。リビナスはポイントシステムがあるので、利用すればするほどお得になるのがメリット!

今なら初回50%オフのキャンペーンもやっていますよ♪

宅配クリーニングはネットで24時間申し込み可能ですし、仕上がりに満足できなければ再仕上げのサービスもあります。

共働き世帯を中心に利用者が増えてきているサービスなので、よかったらチェックしてみてくださいね。

リネットのおすすめポイントや実際に使って見たレビューは下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にして見てください。

>>【普段使い最強!】リネットのおすすめポイントと実際に使ってみたレビュー

 

 

スーツのクリーニングは、季節で頻度をかえるのがポイント!

スーツを出す頻度は汗をかきやすい夏場は2週間に一回、冬場は1シーズンに1回が目安です。季節によって頻度を変えることで、よりスーツの持ちがよくなります。

また、長く愛用するためには日ごろの保管方法も重要です。

ブラッシングや陰干しなどを徹底し、カビや虫食い日焼けを防ぎましょう!

「クリーニングをお得に利用したい」「収納場所がない」『忙しくてクリーニングに行く暇がない!』というときは、ぜひ宅配クリーニングを検討してみてください♪

 皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス

-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのABC , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.