クリーニングの基礎知識

大切な帽子を長持ちさせるお手入れ方法とクリーニングのコツを紹介

投稿日:

帽子は強い日差しから守ってくれる夏の必須アイテム!

着用後は汗や皮脂でいっぱいです。

帽子を清潔に、長く愛用するにはどのようなお手入れをすればいいのでしょうか?

今回は、ヨレや型崩れを防ぐ「家庭でのお手入れ方法」や、タイミング・頻度・おすすめのお店など「クリーニングのコツ」を紹介します!

 

洗える帽子と、洗えない帽子

帽子は基本的にデザイン性が重視されており、洗うことが想定されていません。立体的につくられているので型崩れしやすく、洗濯が難しいのが特徴です。

使用されている素材によっては、縮みや色落ちしやすいものもあるので注意しましょう。洗える帽子と洗えない帽子の見分け方は下記を目安にしてみてください。

 

洗える帽子

洗濯表示のタグを確認し、水洗い可能であれば洗えます。洗濯機は型崩れの原因になるのでNG!帽子は手洗いが基本です。

 

洗えない帽子

藁(わら)が使用された麦わら帽子は水に弱いので洗えません。

その他、ウールなど動物性素材も縮みやすいので、家庭での洗濯はさけたほうが無難です。リボンやビーズなどの装飾がついたものも破損の原因になるので、クリーニングに出すことをおすすめします。

 

 

帽子の色落ちチェックの方法と、基本の洗い方

洗える帽子でも染色の状態によっては色落ちしてしまう場合があります。とくに色の濃いものは、洗濯前に必ず「色落ちチェック」を行ってください。

 

準備するもの

洗面器・中性洗剤・歯ブラシ(部分用ブラシ)・タオル

 

色落ちチェックのやり方

中性洗剤を含ませた白いタオルで、帽子をトントンとパッティングします。タオルに色移りがある場合は色落ちするので洗えません。

 

帽子の手洗い方法

1.中性洗剤をぬるま湯に溶かし、帽子を付け置きする

2.全体にやさしく押し洗いする

3.帽子の内側をブラシでこすり汚れをかきだす

4.タオルに包み水気を吸い取る

5.風通しのいい場所で陰干しする

型崩れが気になるときは、ザルに帽子をかぶせてそのまま自然乾燥させましょう。

適当なザルが無い場合は、タオルをつめて整えてもOKです。

 

汚れがひどいときの対処法!

夏の帽子は汗や皮脂がたっぷり染みこんでいます。汚れがひどいきは皮脂汚れに強い固形石鹸の出番!

固形石鹸を歯ブラシにつけ、汚れをかきだすようにこすりましょう。後は通常の洗いと同じようにタオルで脱水し陰干しすれば完了です♪

 

麦わら帽子のお手入れ方法

麦わら帽子は洗濯不可ですが、ブラシなどでこまめにお手入れしてあげることで長持ちさせることができます。慣れれば数分で終わるので、ぜひ着用後の習慣にしてみてください☆

1.ブラシでホコリ・汚れをはらう

2.固く絞ったタオルで帽子全体をふく

3.風通しのいい場所で陰干しする

帽子の内側にファンデーションなどの汚れがついている場合は、タオルやティッシュにベンジンをふくませふき取りましょう。その後、よく乾かしてから収納してください。

 

※ベンジンとは?

石油を蒸留精製した液体。しみ抜きなどに使う。ドラックストアの洗濯売り場などで購入できます。

参考著書:「プロが教えるわが家の染み抜き&洗濯術」

監修:クリーニング技術研究会(DCC)

 

 

帽子を着用した後のお手入れ・保管方法

帽子は日々のお手入れが肝心!

乱雑に保管しているとすぐに変色や型崩れがおきてしまいます。日々のお手入れや正しい保管方法で良好な状態をキープしましょう♪

  • ブラシでホコリ、汚れを落とす
  • 風通しのいい場所で陰干しする

着用後は、まず表面についたホコリや細かい汚れをブラシで落とします。湿気を帯びたまま収納してしまうとカビの原因になってしまうので、風通しのいい場所で乾燥させましょう。

直射日光は変色の原因になるので陰干しが鉄則です!

地べたに置いたまま保管すると帽子の内側が床と密閉されて湿気がこもりやすくなってしまいます。浮かせて保管するのがおすすめです。

 

 

自宅で洗えないもの・大切な帽子はクリーニングへ

帽子は基本的に洗濯向きではありません。安易に自宅で洗ってしまうと、型崩れや色褪せ、色移り・カビ・ヨレなどが発生する可能性があるため、あまりおすすめしません。

多少料金はかかりますが、買い替えのことを考えるとクリーニングに出すのがおすすめです。

クリーニングでは生地への負担を最小限に抑えるため、洗剤や洗い方など最適な方法で洗ってくれます。汗や皮脂がさっぱりきれいになるので、次のシーズンも気持ちよく使えますよ♪

 

 

帽子のクリーニング料金と日数

帽子クリーニングの料金相場

お店にもよりますが、クリーニング料金の相場は600円~1500円程度。

毛皮や革など素材によっては4000円~6000円かかる場合も。撥水(撥水)加工などオプション追加した場合も追加料金がかかります。

 

仕上がりまでの日数

お店や帽子の種類や素材によって変わりますが、仕上がりまでの期間は依頼より一週間程度が目安です。

宅配クリーニングの「リネット」などプレミアム会員の登録で、最短2日で仕上げてくれるお店もあります。急ぎの場合はそういったお店を利用するのもおすすめです。

※天候や繁忙期などは納期が延びる場合があります。

 

 

帽子をクリーニングに出すタイミング・頻度

帽子はあまり頻度に洗うと型崩れしてしまいます。通常のお出かけで短時間かぶる程度であれば3か月に一度出すくらいで十分です。

旅行やスポーツなどで大量の汗をかいた場合は、黄ばみやカビが発生しやすくなるので一度の着用で洗ったほうがいいでしょう。

 

 

近くに店がない場合は「宅配クリーニング」を利用しよう!

帽子のクリーニングは非常に神経を使うため、近場に取り扱っているお店がない場合も少なくありません。でも、わざわざ遠くのお店に出向くのは大変ですよね。

そんなときは宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングは、ネットで申し込み可能なクリーニングサービスです。

自宅で衣類の預け・受け取りができるので、わざわざ時間をかけて店舗に通う必要がありません。自分のタイミングで洗いに出せるので、共働きや子育てで忙しいときにも便利です。

 

帽子クリーニングにおすすめのお店は「リネット」

帽子を取り扱っている宅配クリーニングのなかでも、おすすめしたいのが会員数30万人を超えるリネットです。

帽子が洗える宅配クリーニング店は他にもありますが、他店に比べて扱える帽子の種類が非常に豊富なのが長所!

水洗い可能な帽子(キャップ・ハット)はもちろん、他店で断られてしまうことの多い毛皮帽子・革・スウェードなどもクリーニングしてもらえます。

 

リネットの帽子クリーニング料金

・キャップ 1,370円

・ニット帽 1,370円

・毛皮帽子6,000円

・革、スウェード帽子 4,000円

・一部毛皮、革の帽子 4,000円

相場よりも若干高めかもしれませんが、リネットは品質がいいのが長所!

特に毛皮の帽子などは家では絶対に洗濯できないので、業者にお願いするのが長く綺麗に使うポイント!

検品から洗い・乾燥・仕上げなどほとんどの工程を手作業で行っており、素材や生地、特徴から最適なクリーニングを施してもらえます。

1点ずつ丁寧にクリーニングしてもらえるから、大切な帽子も安心してお任せできます。

 

 

まとめ

素材によっては家庭で洗濯できるものもありますが、扱いが難しく型崩れのリスクは避けられません。大切な帽子はクリーニングに出すことをおすすめします。

ヨレ・型崩れ・変色などを防ぐには日々のメンテナンスや保管が大切。正しい方法で管理していれば大切な帽子をより長持ちさせることができますよ。

ぜひ記事で紹介したお手入れ方法を着用後の習慣にしてみてください♪

リネットのおすすめポイントや実際に使って見たレビューは下記の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にして見てください。

>>【普段使い最強!】リネットのおすすめポイントと実際に使ってみたレビュー

 

人気記事TOP3

1

宅配クリーニングの老舗、リナビス。 品質のよさやサービスなどが評判ですが…本当なのでしょうか? 今回は検証のためリビナスを実際に試してみました! 料金やサービスの使い方などもくまなくお伝えしますので、 ...

2

いつ入用になるかわからない喪服・礼服は即座に出せる準備をしておきたいもの。 着用後はすぐにクリーニングに出すのが理想です。 でも、料金いくらかかるかわからないと不安ですよね。予算をたてやすいよう、喪服 ...

3

最近、利用者が増えつつある“宅配クリーニング” インターネットで24時間申し込みできるので、営業時間を気にする必要もなし。自宅で集荷、持ち運びの手間もいらず忙しい女性におすすめです。 でも、料金・仕上 ...

-クリーニングの基礎知識

Copyright© 宅配クリーニングのABC , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.